メイン

祝デビュー15周年・スピッツ My Best

オーロラになれなかった人のために スーベニア フェイクファー

 スピッツは1991年3月25日、1stアルバム「スピッツ」をリリース。ひっそりとメジャー・デビューを果たした。当時、いわゆる「音楽通」と呼ばれる人たちからは、「スゴいバンドが現れた」と評価され、「現代詩を歌うユニークなバンド」として音楽誌に取り上げられていた。しかし一般的認知度はとても高いとはいえず、1995年4月に「ロビンソン」が発表され一気に火がつくまでは、「ちょっとマニアックなバンド」として、コアなファンに支えられていた。今や、日本を代表するポップバンドの一つとして揺るぎない位置を確立している。1日遅れたが、祝・デビュー15周年。

 私が大学を何とか卒業したのも、1991年3月。社会人になろうとしながら、バンド活動を続けていた私は、音楽誌で名前と評判を聞いて、CDショップで「スピッツ」を手にした。巨大なヒトデの絵(当時何だかわからなかった)のジャケット。ひっくり返すと「海とピンク」「死神の岬」「夏の魔物」「うめぼし」といった気味の悪いタイトル群。正直、インディーズっぽさがムンムンしていた。とりあえず買って聞いた。第一印象「地味なバンド」。もう1回聞いた。もう1回聞きたくなって、もう1回聞いた。さらにもう1回聞きたくなって、もう1回聞いた。その日から、平均3〜4回聞く日が何日も続いた。完全に麻薬。その効き目は15年間たっても薄れていない。スピッツの曲の「質」は、まったく変わっていないから。

 15周年を記念して、シングルコレクションが2枚発売された。この件については、以前に書いた。絶対に間違えてほしくないのだが、これは断じて「ベストアルバム」ではない。単にシングルを集めただけの「リサイクル品」だ。だから、買わないし、スピッツのファンになってほしい人にも買ってほしくない。買ってもいいが、買ったら、是非、他のアルバムも聞いてほしい。シングルだけでは、スピッツの魅力は正しく理解されない。そういう危険性を秘めたリリースなのだ。まあ、「リサイクル」よりは、はるかにマシなのだが。

 15周年を記念してshikawaのマイ・ベストを選んでみた。

 まず、アルバムの順位。オリジナルアルバム11枚とミニ・アルバム1枚の計12枚を好きな順に並べると下記のようになった。まあ、上位3枚と下位2枚以外は、ほとんど順位関係なく気に入っている。「ハチミツ」はブレークした直後のアルバムだが、トータル感がなく中途半端な印象。「Crispy!」は本人たちも認めているが、「売れよう」と思って無理してポップにした作品。やっぱり「無理」が出ている。

順位/タイトル/リリース年
1位/オーロラになれなかった人のために/1992年
2位/スーベニア/2005年
3位/フェイクファー/1998年
4位/スピッツ/1991年
5位/名前をつけてやる/1991年
6位/空の飛び方/1994年
7位/惑星のかけら/1992年
8位/インディゴ地平線/1996年
9位/三日月ロック/2002年
10位/ハヤブサ/2000年
11位/ハチミツ/1995年
12位/Crispy!/1993年

 次に曲ベスト30。5位まではすぐに選べたのだが、後は苦労した。曲を知っている人が見れば一目瞭然だが、shikawaは、スピッツの「悲しみの要素の少ない切なさ」を好んでいる。そう、スピッツの曲には、「明らかに悲しい曲」は少ないのだ。悲しみと希望の中間飛行。現実と夢の世界の境界線を漂う微妙な感情を呼び起こす。言葉で表すのは難しい。

順位/名前/収録アルバム
1位/ナイフ/オーロラになれなかった人のために
2位/冷たい頬/フェイクファー
3位/テクテク/春の歌・テクテク(シングル)
4位/プール/名前をつけてやる
5位/日なたの窓に憧れて/惑星のかけら
6位/ありふれた人生/スーベニア
7位/ホタル/ハヤブサ
8位/正夢/スーベニア
9位/春の歌/スーベニア
10位/スカーレット /フェイクファー
11位/海を見に行こう/三日月ロック
12位/夏の魔物/スピッツ
13位/水色の街/三日月ロック
14位/センチメンタル/フェイクファー
15位/死神の岬へ/スピッツ
16位/流れ星/花鳥風月
17位/うめぼし/スピッツ
18位/青い車/空の飛び方
19位/ロビンソン/ハチミツ
20位/田舎の生活/オーロラになれなかった人のために
21位/遥か/三日月ロック
22位/五千光年の夢/スピッツ
23位/猫になりたい/花鳥風月
24位/スピカ/花鳥風月
25位/魔女旅に出る/名前をつけてやる
26位/サンシャイン/空の飛び方
27位/コスモス/花鳥風月
28位/初恋クレイジー/インディゴ地平線
29位/涙がキラリ☆/ハチミツ
30位/ナナへの気持ち/インディゴ地平線

アマゾンへのリンクは、ここをクリックしてほしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shikawa.net/mt/mt-tb.cgi/49

コメント

「たわごとを色々。」のものです。まだ仕組みとかよく分からないのですが、トラックバックありがとうございます。
shikawaさんのブログを読んで、まだ私は単なるファンでしかないのかなぁなんて思ってしまいました凹でも、音楽ときちんと向かい合えるよう、自分なりに考えてまたがんばっていきます。

こんにちは☆

歳も、もちろん生い立ちもそれぞれみんな違うけれどもそれでも、それでもみんなに愛され続けているスピッツはやっぱすごいです!最高っす!

shikawaさんの想いを感じて、改めてそう感じました。TBありがとうございました♪また遊びに来ますね☆

コメントを投稿

(注)Mac版IEなどで文字化けが起こるようでしたら、環境設定(初期設定)の「言語/フォント」でユニバーサル文字(UTF-8)のフォントを和文フォントに設定してください。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

最近のトラックバック



Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。