メイン

21世紀型ルースターズ!

THE GREATEST MUSIC(初回限定盤)(DVD付) 伝説のカリスマロッカー、大江慎也が純粋にソロ名義としては1989年発表の「PECULIAR」以来17年振りのニューアルバム「THE GREATEST MUSIC」を発表した。ソロ名義とはいうものの、バックを務めるのは、全曲、花田裕之(G)、井上富雄(B)、池畑潤二(Dr)。驚いた。第1期ルースターズとまったく同じメンバー。いろいろな権利のからみで、「ルースターズ」の名前が使えなかったのかも知れないが、これは完全な「ルースターズ再結成」だ。

 精神的に不調をきたしてルースターズを脱退した後、5年ほどソロ活動をした後、ほとんど引退状態に。何をしているのかもわからないまま、憶測と伝説だけを残して時が過ぎ、一昨年バンド「UN」名義で復活を果たした時にも驚いたし感激もしたが、アルバム自体は期待はずれだった。前編英詞のそのアルバムは、まったく大江の個性が感じられない、のっぺらぼうの作品だった。

 今回のアルバムは違う。胸に突き刺さる訥々とした日本語詞が復活している。音はルースターズ本来のソリッドなロックンロール。とくに目新しいことをしているわけではない。でも、そこにあるのは決して「懐メロ」ではなかった。「懐かしさ」なんてみじんも感じられなかったのだ。常に、自分と自分を取り巻く環境の「今」を歌ってきた大江。その姿勢は、十数年のギャップがあろうと変わっていなかった。その「今」とは何か。よれよれになりながら、自分と周囲の「ざらっとした違和感」と歌っていた十数年前。このアルバムにあるのは、その違和感の風を受けながらも、前を見てまっすぐに歩いていく一人の人間(Human Being)の姿だ。「俺はこうして生きてきた」「俺はこうして進んでいく」(I Dream)

 このCDには、プロモクリップとそのメーキング、オフショットを収めたDVDが付属している。そこにあった、大江の「目」。かつての狂気を奥に秘めながら、諦観とポジティブさを合わせ持った、何ともいえない目をしている。こんな目をした人は他に見たことがない。喜怒哀楽という単純な感情表現を超えたところにある、高次の「何か」がそこにある。

 それにしても、花田との2ショットが絵になる。この2人が20年も離れていたのがにわかには信じられなくなる。

 20年来のファンとして、新生21世紀型ルースターズの誕生を素直に喜びたい。参考HP→「大江慎也&The Roostersの軌跡」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shikawa.net/mt/mt-tb.cgi/51

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 21世紀型ルースターズ!:

» THE GREATEST MUSIC(初回限定盤)(DVD付) from amaseek.jp
「THE GREATEST MUSIC(初回限定盤)(DVD付)」へのトラックバックを受け付けました。 [詳しくはこちら]

» 好きなアーチスト from 共通テーマ
あなたの好きなアーチストのことを熱く、まったり、クールに語って下さい。 [詳しくはこちら]

コメント

トラックバックありがとうございました。
他頁もチラチラ見させていただきましたが、引っかかるディスクが
幾つか有り(24アワーパーティーピープル!)、これから以前のエントリーも
読ませていただきます。
その上、私ケチなフリーDTPデザイナーでしてMac使いのしかもOS9使いでして。
また、伺います。

>クリハラさん
コメントありがとうございます。サイトを拝見して、一本筋の通った方だなと思い、トラックバックさせていただきました。
私の趣味は、どちらかというとパンクそのものよりもポスト・パンクよりですね。ジョイ・ディビジョンよりもニュー・オーダー、ルースターズのアルバムでも一番好きなのが「DIS」だったりします。でも、テレビジョン、懐かしいなぁ。イギーもたまに聞くといいですね。

>その上、私ケチなフリーDTPデザイナーでして

お仕事をお願いできるかもしれません。よかったらメールでご連絡ください(エントリーの投稿者のところからアドレスにリンクしています)。

コメントを投稿

(注)Mac版IEなどで文字化けが起こるようでしたら、環境設定(初期設定)の「言語/フォント」でユニバーサル文字(UTF-8)のフォントを和文フォントに設定してください。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

最近のトラックバック



Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。