メイン

大江慎也と花田裕之

ORIGIN DUO~COUNTERATTACK 大江慎也&花田裕之ACOUSTIC LIVE(DVD付) 最近、疲れている。仕事が忙しいわけでもない。時々、人生や生活が分からなくなる。人から見れば、特殊な生活をしているせいだろうか。前が見えない。ダウナーな気分が続く。「人生って何だろう」〜同じことばだが、若い頃の焦燥感から来るものとは違う。別につらいわけではない。感情が平板になってきているような気もする。

 こんな時には、この人たちの音楽に寄り添ってもらうのがいちばんいい。静かに胸の中に入り込んできて、心をグラグラゆさぶってくれる。
 去年の5月28日(そういえば、会社を辞めさせられた直後だな)、花田裕之のソロライブにシークレットゲストとして登場した大江慎也。その2人のアコースティックギターだけによる演奏を収めたアルバム「ORIGIN DUO~COUNTERATTACK」。大江在籍時のルースターズの珠玉の名曲たちを聴かせてくれている。

 「Last Soul」「She Made Me Cry」「Hey Girl」「Case Of Insanity」「Sad Song」「I'm Swayin' In The Air」と続き、後半はR&Bナンバーのカバーや初期の名曲「Sitting On The Fence」、そしてロックン・ロールの祖の一人であるボ・ディドリーの「Mona」のカバーで終わる。大江ルースターズの最後のアルバム「φ」の最終曲から始まり、最後には自分たちのルーツにまで遡って終わる。恐らく、ここで大江は一度自分の来た道をたどっていき、総括した上で、「The Greatest Music」21世紀型ルースターズを作り上げたのだろう。

 「Last Soul」はルースターズのベストソングと思っている。ここにある「甘い狂気」は、まさに、「僕の心を素敵に惑わせてくれる」。「Case Of Insanity」「Sad Song」・・・もう、だめだ。「涙が頬を流れ落ちる」。
 20年たっても、大江の声は変わらず、震えている。花田のクールでセンスのいいギターリフがそれを包み込む。前にも書いたが、この2人が20年以上、離れて活動していたのが嘘のようだ。

「悲しまないで」「きっと、うまく、いくさ」(「Hey Girl」)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shikawa.net/mt/mt-tb.cgi/58

コメントを投稿

(注)Mac版IEなどで文字化けが起こるようでしたら、環境設定(初期設定)の「言語/フォント」でユニバーサル文字(UTF-8)のフォントを和文フォントに設定してください。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

最近のトラックバック



Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。