メイン

2006年02月25日

荒川静香、特設コーナー

「荒川静香」特設コーナー 前の投稿へのあまりのTBの多さに驚いている(TBしてくださったみなさん、ありがとうございました)。本人と一緒で、昨日は、まだ、ずっと応援してきた選手が「時の人」になったことに実感が持てなかった。すごいことをしてくれたものだ。というか、彼女の実力、魅力からすれば、いずれこういう日が来ることは予想できたのかもしれない。ファンであり続けたことを、誇りに思う。そして、彼女の性格からして大丈夫だとは思うが、この騒動に心を乱されることなく、次のステップを着実に踏んでいってほしい。

 発売前に紹介したDVDに注文が殺到しているらしい(Amazon.co.jpのDVD売り上げで、現在、なんと総合1位!)。彼女の魅力を100%伝えきれていないのは残念だが、彼女のスケーティングの美しさは十分に堪能できる(スローで見せている部分を早回しで見ることをおすすめする)。
 このDVDをはじめ、彼女に関連するCDや雑誌・書籍を集めた、「荒川静香」特設コーナーを、ここに設けた。フリーの演技に使われたトゥーランドットや、ショートの幻想即興曲、エキシビジョンの「You Raise Me Up」(こちらの記事も参照)などのCD、インタビューの載った雑誌などを集めてあるので、参考にしてほしい。

2006年02月24日

その瞬間(とき)、時間が止まった。

shizukagold.jpg

 トリノオリンピックの女子フィギュア、日本人初、そしてアジア初となる金メダル。荒川静香。8年間ずっと、確実に私の心の1コーナーを占有し続けていたこの名前、存在が、世界中の人々の記憶に残ることになった。「笑わない」天才少女だった彼女が、今、満面の笑みを浮かべて液晶画面の中にいる。胸に金のドーナツをぶら下げて。彼女の笑顔を見るたびに、こちらは涙が止まらなくなる。
もうそんな暇はなくなってしまったかもしれないが、心おきなく、大好きなイタリアン・ジェラードを食べてほしい。

shizukaegao.jpg

 正直、メダルはどうかな、と思っていた。または、メダルは銅かな、と思っていた(すみませんねぇ、オヤジギャグで)。私も、そして彼女自身もいちばん気に入っているという「トゥーランドット」で、彼女のスケート人生の集大成を魅せてくれれば、それでいいと思っていた。静香がどう思っていたかは分からない。狙っていたようにも思えるし、「無欲」の高みまで昇りつめていたような気もする。恐らく後者だろう。それが、村主や安藤、スルツカヤやコーエンにもない「オーラ」を作り出していた。
 本番のプログラム。特に後半の美しさには、言葉を失った。頭が真っ白になった。それほど多くの人のスケーティングを見ているわけではないが、彼女のこれまでの演技も含め、あらゆるスケーターの中でも最高のものに感じられた。ハイビジョンで録画したDVDは永久保存盤だ(記念してDVDが発売されるかな。この間出たのは、正直期待はずれだったので、彼女の演技がじっくり見られるもののリリースを望む)。

2006年02月23日

最近(?)のUKロック

The Back Room In Motion カサビアン

 最近は、新人バンドでも「お、これは斬新だ」と思える音に出会えることが少ない。いや、最近に限らず、本当に斬新な音には、そうそう出会えるものではないのだが。既視感ならぬ「既聴感」しか感じられないバンドが多い。特に洋楽。宇多田ヒカルの曲の方が、気がつくと凄まじい音を出していることがある。長く音楽を聴いていると、つい「これは何々の焼き直し」「単なるコピー」「何々と何々をミックスした」などと、過去のバンドを引き合いに出して、安易に紹介したくなる。

 上のジャケ写の3枚。左から、Editors、Copeland、Kasabian。いずれもUKから登場し、それなりに注目されているニューカマーたちだ。最近、shikawaのiTunes再生ローテーションにのることが多い。
 この中で、一番気に入ったのは、Editors。「編集者」という他人事ではないバンド名から、よっぽどひねくれた音を出すバンドかと思ったが、意外と、ストレートなギターロック。別にいろんな音を編集している訳ではない。でも、そのストレートさが、かえって個性になっている。U2、Coldplayなんていう名前を出してもいいのだが、それらとも違う、独特の雰囲気を持っている。「今、ここにいる。でもここがどこだか分からない」。別にそういう歌詞があるわけではないのだが、音の中から聴こえてくるのは、そんなメッセージだ。「整然とした混沌」とでも表現しておこう。まあ、この手のギター主体の音が好きな人には、安心して聴けるバンドだ。人によっては、ただのUKギターロックだが、「何か」が嗅ぎとれる。次のアルバムが出る頃には、その「何か」を言葉で表現できるかもしれない。レーベルがキッチンウェア。懐かしいねぇ、プリファブ・スプラウトのレーベルだよ。

 Copeland。「透明感を加えたColdplay」。「Coldplayのくせに、最近の曲は何か暑苦しいな」と感じている人にはおすすめ。Queenを感じさせる曲もあったりして、ちょっと面白い存在かもしれない。

続きを読む>>

2006年02月22日

静香、パーソナルベスト!

荒川静香 Moment ~Beautiful skating~
 トリノオリンピック、女子フィギュアスケートショートプログラム、荒川静香の演技が終わった。ああ、終わるまで心臓の鼓動が止まらなかった。最高の演技。66.02点、
パーソナルベストの結果。大本命のイリーナ・スルツカヤに次いで、現在のところ2位だ。
 いや、もう、順位も点数もどうでもよくなってきた。滑り終わった後の彼女の笑顔と、自信に満ちあふれた演技直後のインタビュー。明後日のフリーは、もはや「競技」ではない。Shizuka Arakawaの、これまでのスケート人生のマイルストーンとして、一生語り継がれる、そして世界の女子フィギュアスケート史上に残る「トゥーランドット」を、魅せてほしい。

 今日と明後日で、言葉で言い尽くせない、さまざまなものを、彼女からプレゼントされることを期待している。

2006年02月21日

カーリングが面白い!

フロッカーターゲットストーン ISO-F1 日本人選手のメダルが遠い、トリノオリンピック。でも、メダルだけがオリンピックの楽しみじゃない(こんだのメダル、何か、穴が空いているせいか安っぽく見えるね。まあ、静香の首にかかった時には神々しく見えるんだろうけど)。これまでよく知らなかった競技の面白さが発見できたりする。長野の時には「モーグル」だった。今回は、断然、「カーリング」。同意してくれる人も多いんじゃないかな。

 トリノでは、さきほど、カーリング女子チームの予選敗退が決まった。いや、惜しかったね。でも、さわやかだった。本橋“マリリン”はじめ、みんな可愛いし、真剣だけど、ゲームを楽しんでいた。

 体力ももちろんいるが、頭脳のスポーツ。状況に応じて戦略を変えていく。状況と相手の出方、味方の技量を見極めて、集中してプレーに臨むことで勝利が転がり込む。たぶん、まだ解説なしで見てもよく分かんないんだけど、先攻・後攻を交替して10エンド戦っていって、得点を積み重ねるところは、野球にも似ている。もっと流行るといいな。オリンピックが終われば、見る機会も少なくなっちゃうんだろうけど。

 カナダでは、とてもポピュラーなスポーツらしい。氷上じゃなくてフロアでプレーする「フロッカー」というスポーツもある。日本でも、小学校ぐらいから体育の授業に取り入れたらいいんじゃないかな。運動音痴だったshikawaみたいな児童にも、スポーツの楽しさを教えられる。コミュニケーション、協調性、集中力も身に付く。論理的思考力、忍耐力もだ。書けば書くほど、素晴らしいスポーツだね。。。ああ、もっと見たかったな。残念。

2006年02月20日

早稲田ラグビー「お疲れさま」

 早稲田大学、清宮-佐々木組のラグビーが終わった。今回も秩父宮に駆けつけることはなかったのだが、「超」強豪・東芝府中ブレーヴ・ルーパスを相手の日本選手権準決勝、43-0の完敗。早稲田が敗けるのを見るのは、どれくらいぶりだろう。

 完敗、と書いたが、見応えのある、いい試合だった。零封でも、早稲田が弱い、という印象は全然受けなかった。東芝府中が強すぎるのだ。全力対全力の闘い。東芝が本気で力をぶつけてきた。その東芝の意識、そこにひるむことなく、いつものラグビーを展開した早稲田に賞賛を送りたい。何て清々しいスポーツなんだろう。ラグビーファンはやめられそうにない。

 5年間でこれだけのチームを作り上げた清宮克幸監督はこの試合を最後に早稲田を去り、来年はサントリーを指揮する。4年生の主将、佐々木隆道(写真)の進路は発表されてないという。「学生史上最強」と呼ばれたチームのラグビーをもう見られないのは寂しい。特に佐々木君、ラガーマンとして、リーダーとしての資質は素晴らしいものがある。赤黒ジャージの彼をもう少し見ていたかった。まあ、レギュラーに3年が多く、2年生の五郎丸、1年生の豊田などがいる早稲田は、監督が変わっても次シーズンも強さは変わらないだろう。主将は誰だろう? 曽我部? 矢富?

 ラグビーというスポーツ。技と体格、体力、戦略、意識すべてにわたってバランスよく整備されなければ、強くはなれない。早稲田も東芝府中も、そのバランスがずば抜けていいのだと思った。そのバランスチャートの大きさが、東芝が早稲田を上回っていた。私も「強く」なろうと思う。人生、アルティメット・クラッシュで。

2006年02月18日

スピッツ・シングルコレクションについて

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤8cmCD付)CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤8cmCD付)  「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」「CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection」(ともに3月25日発売予定)。所属事務所とバンドサイドからの、異例の言い訳めいたコメントとともに、この2枚のアルバムの発表がアナウンスがあって以来、正直、考え込んでしまっている。デビュー以来、評価し続け、常にフェイバリット・アーチストであった「スピッツ」というバンドに対して、このアルバムを歓迎するのが正しい姿勢なのか否か。ひいては、「音楽のパッケージ化とその売買」という結論の出ないテーマに入り込んでしまい、非常に悩ましい。

 スピッツは、表現者として間違いなく一流だし、日本の音楽業界が世界に誇りうる才能を持ったバンドであることは、断固として主張したい。才能と人気、自分たちの表現したい極めてユニークな感性とセールスが結びついている希有なバンド。そして、私は次の2点において、アーチストとしてのポリシーの潔さを感じ、ファンであることに誇りを持っていた。それは「シングルにカラオケバージョンを収録しないこと」と、「安直なベストアルバムを出さないこと」だ。

 以前の投稿に書いたように、私はベストアルバムが嫌いだ。スピッツの「リサイクル」はアーチスト側の意向を無視する形で、レコード会社の都合でリリースされ、皮肉なことに莫大なセールスを記録した。今回の2枚のリリースは、「リサイクル」を葬り去るため、というのは理解できなくはない。おそらく、リサイクルをはるかに超えるセールスとなるだろう。

続きを読む>>

2006年02月16日

クラップ・ユア・ハンズ!

クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー ニューヨークから得体の知れないバンドが出現して話題になっている。「クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー」。そう、これがバンド名。完全自主制作盤のタイトル「クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー」。んでもって左のようなジャケット。「お手手たたいて、ハイっていいましょーね」(やさしい保育士さん)。

 ヘロヘロの投げやりボーカル。スカスカのチープな音。あーあー懐かしい、、、というか、妙に耳に馴染んだ音だ。これって、一般的には「新鮮」なんだろうね。いろんな懐かしいバンド名が引き合いに出される。トーキング・ヘッズ(ボーカルスタイルは似てるが、デビット・バーンの方がずっと真面目)、キュアー(そんなにねちっこくない)、ペイブメント(単にチープってとこだけだろ、似てるのは)。要は正統的80年代ポストパンク/ニューウェーブの音。shikawaの青春の音。

 「権力の美学」の頃のニューオーダーに通じるところもある。ダイナソー・JRなんて名前もあげられよう。あと、みんな忘れている。これの元祖は、ベルベット・アンダーグラウンドだよ。ニューヨーク出身だしね。
 いろいろと名前を挙げたが、実は、どれにも似ていないのよ。それが、このバンドのつかみどころのないところ。個性がないっと思えばそうとも言えるし、超個性的って言われれば同意できる。1枚聞き終わると、妙にさっぱりした気分になる。なんか、どーでもよくなる。くらっぷ・よーあ・はーんず。何か、これ、1枚で終わっちゃう気もするし、何十枚も、成長も陳腐化もせずダラダラと出し続ける気もするし、展開が読めんな。まあ、読まんでもいいか、こんなバンド(褒め言葉)。

 あ、終わった。また聞こうっと。

2006年02月14日

やっぱりMac

Apple iMac 1.83GHz Intel Duo/17 先日購入した中古のWindowsマシン、使えねぇ〜。何か、勝手にアップデートしたら、起動しなくなって、何とか元に戻ったものの、反応が見事に遅く、ひっじょーーに、イライラする。クリックすると、その結果が早くて10秒後に出る。高速化のフリーソフトがあったので、それを使ってみたけど、あんまり変わらない。どうやら、Macと同じ感覚で使っていたのが間違いらしい。

 分かったのは、やっぱりWindowsでは「遊べない」ということ。Macの感覚でいろいろとカスタマイズしたら、すればするだけ使い勝手が悪くなる。メモリ足りないのもあるけど、ちょっと遅いにもほどがある。やっぱりWindowsは、堅物の融通のきかない仕事人間だ。Windowsしか使ったことのない人には、絶対に「Switch」をお勧めする。私見かもしれんが、Windowsをパーソナルで使っていても、パソコンを使う「楽しさ」は味わえないと思う。Macユーザーを10年やってきてよかった。

 一人で会社をやっているので、パソコンは部下みたいなもの。今、Tigerに昇格させたG5くんと、まだPantherだが、有能な補佐役のG4くんが頑張ってくれている。新人のWinくん、他社では評価されてxpまで行っているようだが、だめだ、使えない。こういう部下には変に期待しないで、担当を限定して、まじめにコツコツと働かせるのがコーチングのコツか。

 んでもって、壁紙ひっぺがして、スタートメニューもWin2000風にした。殺風景で面白くないが仕方ない。近々、メモリを増設してモチベーションを上げてやることにする。そんで、昨日、ラオックスに行って、機種を言ってメモリ買おうとしたら、店員が分からなくて買えなかった。ラオックス、品揃えも値段もいいんだから、店員を何とかしてくれ。

2006年02月12日

早稲田が勝った!

最強の早稲田ラグビー―世界を狙う「荒ぶる」魂 最強早稲田ラグビー、佐々木組、ついに社会人トップリーグ、トヨタ自動車を倒した!!! 18年ぶりの社会人相手の勝利。15年前には100点差で負けてたこの対戦に、堂々勝利だ! 今回はテレビ観戦だったが、久々に興奮した。まだ心臓が波打っている。近所の方、ごめんなさい。

 28対24という接戦。最後のインジュリータイムでの攻防は本当に手に汗握った。大きなミスも少なく、真っ向から全力で闘っての勝利。まだ清宮ラグビーを見ることができるのは嬉しい。さあ、東芝府中相手に、どんな試合を見せてくれるのか、楽しみだ。また一つ、活力をもらった。。。仕事だ、仕事。

このブログ記事も参考に

2006年02月09日

小久保裕紀の姿勢

卓上 小久保裕紀 2006年度 カレンダー ジャイアンツの新キャプテン、精神的支柱ともいえる小久保選手が自打球で鼓膜裂傷の怪我を負った(日刊スポーツの記事)。全治2週間ということだが、そのまま練習を続け、明日も休まないという。「小久保の信条に「休む』はない(前記日刊スポーツ記事より)」。

 年下だが、本当にこの人には頭が下がる。尊敬している。「俺は何をやっているんだ」と涙が出た。するべきことをしないと。どんなマイナス条件でも、ひたすらに前を向いて、余計なことは考えずに”一瞬”を大事にしよう。シーズンオフということもあり、この人の存在を忘れていた。この記事を読んで、気力が少し戻ったような気がする。

 思えば、最近の仕事がどうも不調(気力が出てこない)になったのは、野球のシーズンが終わってからだ。自らを奮い立たせる何かがないと、ダメなのかな。でも、そう、この記事を読んで気がついた。小久保はオフでも決して「休んでいない」。耳が聴こえなくなっても「休まない」。彼のことを思って、気力を充満させよう。病気だとか、寒いだとか、周囲がうるさいだとか、言い訳している自分が情けない。小久保さんを見習わなくては。ちなみに、shikawaは、テレビ観戦の時には、小久保の打席では正座して観ている。

 さあ、ブログ更新してないで、仕事だ、仕事。

2006年02月07日

パソコン環境大改革!

MacOS X v10.4.3 TigerNEC Mate NX MA66H/LZ

 Macを使い出して早10年。そのセンスと使いよさに魅了され、雨が降ろうが石が飛んでこようが、Macを使いつづけてきた。しかし、ついにその日がやってきた。
 Windows機導入。いやね、仕事で経理ソフトを使う必要があって(税理士の顧問料の節約)、どうしても必要だったのよ。そんで、それに対応していれば、どんなのでもいいや、と思ってヤフオクで探したら、何と、即決価格9,900円というのを発見。本体のみだが、NEC MATE 66Hという奴で、なんと初期動作チェック用にWindows XPとOfficeをプリインストールしてくれるとのこと。CPUもPen3で申し分ない。自室オフィスにある液晶テレビ(シャープのアクオス)がPC接続端子を持っているので、モニタはいらない。んなもんで、即落札。届くまでちょっぴし不安だったが、届いてセットアップしたら無事に動作する。というか、んー、なんか、サクサク動くね。さすがインテル入ってるね。windowsも捨てたもんじゃないね。もしかして私の10年のこだわりは、あんまし意味なかったのかな。

 と思っちゃったので、せっかくだから(何がせっかくだ)、ちょっと名前が嫌なのと、機能アップがピンとこなかったのでちゅうちょしていたTigerを、メインのMacに入れることにした。そしたらね、

最近のトラックバック



Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。