メイン

2006年02月25日

荒川静香、特設コーナー

「荒川静香」特設コーナー 前の投稿へのあまりのTBの多さに驚いている(TBしてくださったみなさん、ありがとうございました)。本人と一緒で、昨日は、まだ、ずっと応援してきた選手が「時の人」になったことに実感が持てなかった。すごいことをしてくれたものだ。というか、彼女の実力、魅力からすれば、いずれこういう日が来ることは予想できたのかもしれない。ファンであり続けたことを、誇りに思う。そして、彼女の性格からして大丈夫だとは思うが、この騒動に心を乱されることなく、次のステップを着実に踏んでいってほしい。

 発売前に紹介したDVDに注文が殺到しているらしい(Amazon.co.jpのDVD売り上げで、現在、なんと総合1位!)。彼女の魅力を100%伝えきれていないのは残念だが、彼女のスケーティングの美しさは十分に堪能できる(スローで見せている部分を早回しで見ることをおすすめする)。
 このDVDをはじめ、彼女に関連するCDや雑誌・書籍を集めた、「荒川静香」特設コーナーを、ここに設けた。フリーの演技に使われたトゥーランドットや、ショートの幻想即興曲、エキシビジョンの「You Raise Me Up」(こちらの記事も参照)などのCD、インタビューの載った雑誌などを集めてあるので、参考にしてほしい。

2006年02月24日

その瞬間(とき)、時間が止まった。

shizukagold.jpg

 トリノオリンピックの女子フィギュア、日本人初、そしてアジア初となる金メダル。荒川静香。8年間ずっと、確実に私の心の1コーナーを占有し続けていたこの名前、存在が、世界中の人々の記憶に残ることになった。「笑わない」天才少女だった彼女が、今、満面の笑みを浮かべて液晶画面の中にいる。胸に金のドーナツをぶら下げて。彼女の笑顔を見るたびに、こちらは涙が止まらなくなる。
もうそんな暇はなくなってしまったかもしれないが、心おきなく、大好きなイタリアン・ジェラードを食べてほしい。

shizukaegao.jpg

 正直、メダルはどうかな、と思っていた。または、メダルは銅かな、と思っていた(すみませんねぇ、オヤジギャグで)。私も、そして彼女自身もいちばん気に入っているという「トゥーランドット」で、彼女のスケート人生の集大成を魅せてくれれば、それでいいと思っていた。静香がどう思っていたかは分からない。狙っていたようにも思えるし、「無欲」の高みまで昇りつめていたような気もする。恐らく後者だろう。それが、村主や安藤、スルツカヤやコーエンにもない「オーラ」を作り出していた。
 本番のプログラム。特に後半の美しさには、言葉を失った。頭が真っ白になった。それほど多くの人のスケーティングを見ているわけではないが、彼女のこれまでの演技も含め、あらゆるスケーターの中でも最高のものに感じられた。ハイビジョンで録画したDVDは永久保存盤だ(記念してDVDが発売されるかな。この間出たのは、正直期待はずれだったので、彼女の演技がじっくり見られるもののリリースを望む)。

2006年02月22日

静香、パーソナルベスト!

荒川静香 Moment ~Beautiful skating~
 トリノオリンピック、女子フィギュアスケートショートプログラム、荒川静香の演技が終わった。ああ、終わるまで心臓の鼓動が止まらなかった。最高の演技。66.02点、
パーソナルベストの結果。大本命のイリーナ・スルツカヤに次いで、現在のところ2位だ。
 いや、もう、順位も点数もどうでもよくなってきた。滑り終わった後の彼女の笑顔と、自信に満ちあふれた演技直後のインタビュー。明後日のフリーは、もはや「競技」ではない。Shizuka Arakawaの、これまでのスケート人生のマイルストーンとして、一生語り継がれる、そして世界の女子フィギュアスケート史上に残る「トゥーランドット」を、魅せてほしい。

 今日と明後日で、言葉で言い尽くせない、さまざまなものを、彼女からプレゼントされることを期待している。

2006年02月21日

カーリングが面白い!

フロッカーターゲットストーン ISO-F1 日本人選手のメダルが遠い、トリノオリンピック。でも、メダルだけがオリンピックの楽しみじゃない(こんだのメダル、何か、穴が空いているせいか安っぽく見えるね。まあ、静香の首にかかった時には神々しく見えるんだろうけど)。これまでよく知らなかった競技の面白さが発見できたりする。長野の時には「モーグル」だった。今回は、断然、「カーリング」。同意してくれる人も多いんじゃないかな。

 トリノでは、さきほど、カーリング女子チームの予選敗退が決まった。いや、惜しかったね。でも、さわやかだった。本橋“マリリン”はじめ、みんな可愛いし、真剣だけど、ゲームを楽しんでいた。

 体力ももちろんいるが、頭脳のスポーツ。状況に応じて戦略を変えていく。状況と相手の出方、味方の技量を見極めて、集中してプレーに臨むことで勝利が転がり込む。たぶん、まだ解説なしで見てもよく分かんないんだけど、先攻・後攻を交替して10エンド戦っていって、得点を積み重ねるところは、野球にも似ている。もっと流行るといいな。オリンピックが終われば、見る機会も少なくなっちゃうんだろうけど。

 カナダでは、とてもポピュラーなスポーツらしい。氷上じゃなくてフロアでプレーする「フロッカー」というスポーツもある。日本でも、小学校ぐらいから体育の授業に取り入れたらいいんじゃないかな。運動音痴だったshikawaみたいな児童にも、スポーツの楽しさを教えられる。コミュニケーション、協調性、集中力も身に付く。論理的思考力、忍耐力もだ。書けば書くほど、素晴らしいスポーツだね。。。ああ、もっと見たかったな。残念。

2006年02月20日

早稲田ラグビー「お疲れさま」

 早稲田大学、清宮-佐々木組のラグビーが終わった。今回も秩父宮に駆けつけることはなかったのだが、「超」強豪・東芝府中ブレーヴ・ルーパスを相手の日本選手権準決勝、43-0の完敗。早稲田が敗けるのを見るのは、どれくらいぶりだろう。

 完敗、と書いたが、見応えのある、いい試合だった。零封でも、早稲田が弱い、という印象は全然受けなかった。東芝府中が強すぎるのだ。全力対全力の闘い。東芝が本気で力をぶつけてきた。その東芝の意識、そこにひるむことなく、いつものラグビーを展開した早稲田に賞賛を送りたい。何て清々しいスポーツなんだろう。ラグビーファンはやめられそうにない。

 5年間でこれだけのチームを作り上げた清宮克幸監督はこの試合を最後に早稲田を去り、来年はサントリーを指揮する。4年生の主将、佐々木隆道(写真)の進路は発表されてないという。「学生史上最強」と呼ばれたチームのラグビーをもう見られないのは寂しい。特に佐々木君、ラガーマンとして、リーダーとしての資質は素晴らしいものがある。赤黒ジャージの彼をもう少し見ていたかった。まあ、レギュラーに3年が多く、2年生の五郎丸、1年生の豊田などがいる早稲田は、監督が変わっても次シーズンも強さは変わらないだろう。主将は誰だろう? 曽我部? 矢富?

 ラグビーというスポーツ。技と体格、体力、戦略、意識すべてにわたってバランスよく整備されなければ、強くはなれない。早稲田も東芝府中も、そのバランスがずば抜けていいのだと思った。そのバランスチャートの大きさが、東芝が早稲田を上回っていた。私も「強く」なろうと思う。人生、アルティメット・クラッシュで。

2006年02月12日

早稲田が勝った!

最強の早稲田ラグビー―世界を狙う「荒ぶる」魂 最強早稲田ラグビー、佐々木組、ついに社会人トップリーグ、トヨタ自動車を倒した!!! 18年ぶりの社会人相手の勝利。15年前には100点差で負けてたこの対戦に、堂々勝利だ! 今回はテレビ観戦だったが、久々に興奮した。まだ心臓が波打っている。近所の方、ごめんなさい。

 28対24という接戦。最後のインジュリータイムでの攻防は本当に手に汗握った。大きなミスも少なく、真っ向から全力で闘っての勝利。まだ清宮ラグビーを見ることができるのは嬉しい。さあ、東芝府中相手に、どんな試合を見せてくれるのか、楽しみだ。また一つ、活力をもらった。。。仕事だ、仕事。

このブログ記事も参考に

2006年01月17日

早稲田ラグビー祝優勝! しかし...

 こういう投稿をしておきながら、結果について、何も書いてなかった。祝 大学日本一! 今年は席が逆サイドだったので「荒ぶる」がよく聞こえなかったのが残念だったが、試合後、しばらく残っていたら、佐々木君が目の前に来て、あいさつしてくれた。
 客席では、また近くに変なオヤジがいて、うるさかった。どうして早稲田ファンは、ひねくれたオヤジが多いんだろう(あ、俺もか)。関東学院や同志社のファンの方が一生懸命だし、本当に試合を一緒に楽しんでいる気がする。腕組みして見たり、相手側の応援をちゃかしたりするんだったら、テレビで見てろ、と言いたい。
決勝戦は、点差はついたけど、いい試合だった。いや、実をいうと、関東学院のラグビー、好きなのよ、結構。でも早稲田は、やっぱり、別格的に強いね。日本選手権が楽しみだ。

ったのだが、しかし、、、、何と、五郎丸君が負傷! (ToT)

 現役の学生さんの(後輩やね)書いているブログの記事に詳しいことが載っているが、早稲田に、というか大学ラグビー界にとって大きな痛手だ。今年のチームなら社会人とも勝負できると思っていたのに。個人的に五郎丸君は応援していたので、楽しみが減ってしまった。まあ、彼はまだ2年。選手個人としては、まだ来年も再来年もある。

 とにかく、残りのメンバーで頑張ってほしい!

2006年01月07日

いよいよ決勝

「荒ぶる」復活 ラグビー大学選手権、明日、いよいよ決勝だ。寒そうだけど、叫びに行くぞ。ワセダ、めっちゃくちゃ強いけど、油断はできない。2日の準決勝も観に行ったのだが、ちょっと細かいミスが目立ったな。相手が法政だから(失礼)大差で勝てたけど、関東学院には気を抜けないぞ。なんか、「勝ち慣れ」というか、勝つことに飽きちゃっているような節もある。

 2日、メインの代々木側指定席で観ていたんだけど、隣のOBらしいオッサンがぶつぶつ言ってうるさかった。近くに現役の学生が数人陣取って、トライのたびに肩組んで「紺碧の空」を歌っていて、微笑ましく、楽しかったのだが、そのオッサン、「最近のうちの学生もバカになったもんだ」とかなんとか言っていた。こちらも言わせてもらうが、こういうのを典型的な「アホOB」というのだ。shikawaは、構わず「いけー」「おせー」「つぶせー」「ごろうまるー」と叫んでいたが。

 というわけで、

2005年12月31日

2005年総括(その他スポーツ)

20051231.jpg 野球以外のスポーツというと、ラグビーとフィギュアスケートということになる。基本的にサッカーにはあんまり興味はない。相撲もゴルフも。テニスはわりと好きかも。でも、そんなに詳しくない。箱根駅伝も早稲田が弱くて。でも、仕事がら、大学スポーツは一応押さえておかないと、とは思っている。

●ラグビー:何と言っても今年最大のイベントは、国立で「荒ぶる」を歌えたことに尽きる。1月の大学選手権準決勝と決勝を見に行った。決勝は前年の雪辱を果たし、関東学院を破った(あ、あのね、分かると思うけど早稲田を応援してるのね)。今年も強い、強い。写真は、12月25日2回戦の慶應戦。秩父宮バックA自由席だったけど、運よく前から2列目の中央付近の席がとれた。以上。早稲田強すぎてあまり語ることがない。来年も準決勝と決勝はもう切符とってある。「荒ぶる」復習しとかなきゃ。

●フィギュアスケート:何と言っても今年最大の喜びは、荒川静香がトリノ出場を決めたことに尽きる。口が悪くてすまないけど、某小娘に注目が集まりすぎている。静香のこれまでの努力と、完成された実力、スケートに対する姿勢は、もっとメディアが取り上げていいはずだ。ロッテのガーナのCFに、荒川、村主、安藤の3人が出演しているが、安藤と村主のバージョンのオンエア回数の方が多いような気がする。こんど発売されるDVDの紹介についている彼女のコメント「「今」この瞬間を大切に生きる。それが自分への挑戦であり、明日への道へと続いていく。」。私の好きなジャイアンツ小久保選手の座右の銘「一瞬に生きる」と同じことを言っている。

2005年12月25日

静香が勝った!

荒川静香 Road to THE Five Rings 全日本フィギュア、しっかしレベル高いね。今日(24日)のショート、見応えあった。そんな中で、荒川静香が完成形を魅せてくれた。彼女の魅力は、その「ナチュラルな表現力」にあると思う。バランス力というか。まだまだお遊戯の浅田、発展途上の安藤、新体操の中野、パワフルなだけの恩田。表現力で勝負できるのは、長年のライバル、村主だけだが、村主の演技からは、どうしても「わざとらしさ」が拭いきれない。確かにバランスはいいし、美しいのだが。やっぱり、荒川静香が「フィギュアの完成形」だと思う。十分スルツカヤと同じ土俵で(いや、リンクか)勝負できる。
 おそらく最後の挑戦となるトリノ。今まで見守ってきた彼女のストーリーの完結編を楽しみにしている。明日のフリーが楽しみだ。

 で、彼女のパーソナルDVDが発売される。早速予約だ!

2005年12月20日

かわいげない(2題)

 ラグビーとフィギュアスケート。どちらも、野球のシーズンオフの楽しみだが、どちらも、チャンピオンが「かわいげない」。
 フィギュア。荒川静香の出ないグランプリ・ファイナルは、かえってリラックスして楽しめた。誰もが15歳の浅田を話題にするが、オリンピック出場云々は正直、どうでもいい。むしろ、彼女はオリンピックにはふさわしくない。
 オリンピックは、単なる競技大会ではない。「記録」より「感動」が求められる場だ。記録は、他にも毎年世界大会があるじゃないか。
 今年のGPファイナルで、もっとも感動したのは、安藤の演技だった。とくにフリー。3回ジャンプを失敗した彼女に笑顔はなかった。以前のシンデレラガールぶり(今の浅田のような)が嘘のような姿。それでも必死に、アマチュアであれ、応援する多くの人々の前で歯を食いしばって最後まで滑りきった。転んでも転んでも起き上がり、たとえ無様に見えようとも、少しでもよい結果を出すために何かを続けていく。それは僕らの姿じゃないのか。

2005年12月04日

早明戦

 雨ん中、ラグビーの早明戦観戦。実は生で早明戦見るのは初めてなのだが、明治、弱くなっちゃったね。早稲田対抗戦5年連続全勝というのは、とてつもない強さだけど、伝統の一戦としてはちょっと物足りない試合だった。昔の明治「重戦車」対早稲田「スピードラグビー」の対決の頃が懐かしい。今は早稲田が明治っぽくなって、関東学院が昔の早稲田っぽい印象。それでもやはり、母校の応援には熱が入る。守り、走り、キックすべてが完璧に近い五郎丸選手は、間違いなく将来日本を代表するラガーマンになると思う。

 基本的に、3月頃から10月頃までは、野球三昧なのだが、シーズンオフはラグビーとフィギュアスケートにスイッチしている。フィギュアについては、またの機会に。

最近のトラックバック



Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。