メイン

2006年03月28日

たまには、仕事の宣伝でも

060328.jpg 遊んでばかりと思われると困るので、たまにはお仕事の宣伝でも。
 本年度から、日経進学ナビという大学受験生向けの情報サイトで、署名連載記事がスタート。第1回目が昨日からアップされている。「Best of Best 受験生マニュアル」というタイトルで、「楽しく、ラクせず」大学受験生として生活が送れるよう、さまざまな視点からノウハウを伝授しよう、という企画だ。まあ、受験雑誌等の編集経験と、その他の雑学的知識、取材による新知識をちりばめながら、できるだけ「そんなこと、どこにでも書いてあるよ!」と言われないような、個性的な記事を作成するつもり。

 肩書きを考えるのにちと苦労したが、結局、「学びアドバイザー」という、分かったような分からないようなものにした。大学受験という狭い世界だけじゃなく、いろんな場面での「学び」を考えていこう、という意気込みを表すものだと思ってもらっていい。「教育」ということばを使いたくなかったのは、「上から教え込まれる」というのではなく、「自発的に学ぶ」というのが、学校に通ったり、何かの講座を受けたり、という時の基本的姿勢であるべきだと思うからだ。
 ま、自分でも「学び」ながらの連載になると思う。できたら感想などいただけるとうれしい。

2006年02月14日

やっぱりMac

Apple iMac 1.83GHz Intel Duo/17 先日購入した中古のWindowsマシン、使えねぇ〜。何か、勝手にアップデートしたら、起動しなくなって、何とか元に戻ったものの、反応が見事に遅く、ひっじょーーに、イライラする。クリックすると、その結果が早くて10秒後に出る。高速化のフリーソフトがあったので、それを使ってみたけど、あんまり変わらない。どうやら、Macと同じ感覚で使っていたのが間違いらしい。

 分かったのは、やっぱりWindowsでは「遊べない」ということ。Macの感覚でいろいろとカスタマイズしたら、すればするだけ使い勝手が悪くなる。メモリ足りないのもあるけど、ちょっと遅いにもほどがある。やっぱりWindowsは、堅物の融通のきかない仕事人間だ。Windowsしか使ったことのない人には、絶対に「Switch」をお勧めする。私見かもしれんが、Windowsをパーソナルで使っていても、パソコンを使う「楽しさ」は味わえないと思う。Macユーザーを10年やってきてよかった。

 一人で会社をやっているので、パソコンは部下みたいなもの。今、Tigerに昇格させたG5くんと、まだPantherだが、有能な補佐役のG4くんが頑張ってくれている。新人のWinくん、他社では評価されてxpまで行っているようだが、だめだ、使えない。こういう部下には変に期待しないで、担当を限定して、まじめにコツコツと働かせるのがコーチングのコツか。

 んでもって、壁紙ひっぺがして、スタートメニューもWin2000風にした。殺風景で面白くないが仕方ない。近々、メモリを増設してモチベーションを上げてやることにする。そんで、昨日、ラオックスに行って、機種を言ってメモリ買おうとしたら、店員が分からなくて買えなかった。ラオックス、品揃えも値段もいいんだから、店員を何とかしてくれ。

2006年02月09日

小久保裕紀の姿勢

卓上 小久保裕紀 2006年度 カレンダー ジャイアンツの新キャプテン、精神的支柱ともいえる小久保選手が自打球で鼓膜裂傷の怪我を負った(日刊スポーツの記事)。全治2週間ということだが、そのまま練習を続け、明日も休まないという。「小久保の信条に「休む』はない(前記日刊スポーツ記事より)」。

 年下だが、本当にこの人には頭が下がる。尊敬している。「俺は何をやっているんだ」と涙が出た。するべきことをしないと。どんなマイナス条件でも、ひたすらに前を向いて、余計なことは考えずに”一瞬”を大事にしよう。シーズンオフということもあり、この人の存在を忘れていた。この記事を読んで、気力が少し戻ったような気がする。

 思えば、最近の仕事がどうも不調(気力が出てこない)になったのは、野球のシーズンが終わってからだ。自らを奮い立たせる何かがないと、ダメなのかな。でも、そう、この記事を読んで気がついた。小久保はオフでも決して「休んでいない」。耳が聴こえなくなっても「休まない」。彼のことを思って、気力を充満させよう。病気だとか、寒いだとか、周囲がうるさいだとか、言い訳している自分が情けない。小久保さんを見習わなくては。ちなみに、shikawaは、テレビ観戦の時には、小久保の打席では正座して観ている。

 さあ、ブログ更新してないで、仕事だ、仕事。

2006年02月07日

パソコン環境大改革!

MacOS X v10.4.3 TigerNEC Mate NX MA66H/LZ

 Macを使い出して早10年。そのセンスと使いよさに魅了され、雨が降ろうが石が飛んでこようが、Macを使いつづけてきた。しかし、ついにその日がやってきた。
 Windows機導入。いやね、仕事で経理ソフトを使う必要があって(税理士の顧問料の節約)、どうしても必要だったのよ。そんで、それに対応していれば、どんなのでもいいや、と思ってヤフオクで探したら、何と、即決価格9,900円というのを発見。本体のみだが、NEC MATE 66Hという奴で、なんと初期動作チェック用にWindows XPとOfficeをプリインストールしてくれるとのこと。CPUもPen3で申し分ない。自室オフィスにある液晶テレビ(シャープのアクオス)がPC接続端子を持っているので、モニタはいらない。んなもんで、即落札。届くまでちょっぴし不安だったが、届いてセットアップしたら無事に動作する。というか、んー、なんか、サクサク動くね。さすがインテル入ってるね。windowsも捨てたもんじゃないね。もしかして私の10年のこだわりは、あんまし意味なかったのかな。

 と思っちゃったので、せっかくだから(何がせっかくだ)、ちょっと名前が嫌なのと、機能アップがピンとこなかったのでちゅうちょしていたTigerを、メインのMacに入れることにした。そしたらね、

2006年01月14日

薬剤師

 今日(13日)、薬がなくなったので、クリニックに行ったら、何と「院長入院のため、しばらく閉院します」との貼紙が。仕方ないことかもしれないけど、これ、どうなのかね。ハガキでも何でもいいから知らせてほしかった。自分は、まだいいけど、症状の重い人は、これ見て鬱が重くなっちゃうよ。いや、別にその時は腹は立たなかったけど。どっちかというと、お世話になった先生が心配になって、お見舞いにでも行こうかと思った。けど、よく考えたら、患者が医者を見舞う、って何だか変な話だよな。。

 それで、かかりつけの近くの薬局に行って相談したんだけど、さすがに、もう手は打ってあって、すぐに別のクリニックを紹介してもらった。ていねいな文章で、紹介状と服薬履歴書をもらって、「話はついているから」とのこと。結局、無事に処方してもらえた。いや、正直、薬がもらえないと、ちょっとつらい状態だった。薬局の薬剤師によると、先生の入院は、過労で1ヶ月ぐらい休養をとる、という程度のものだそうで、ホッとした。

2005年12月31日

2005年総括

 あと10分だ。「仕事」「生活雑記」カテゴリーまとめて、つまり本当の今年の総括をしたい。

 今後、人生を振り返った時に、必ずこの年は記憶に残っているはずだ。月並みなコトバでは「転機」の年。以上。よいお年を。


 というのもなんなんで、マスコミ風に、今年の「文字」と「10大ニュース」を発表する。

2005年12月24日

Googleがなければ…

とっておきの秘技 Google検索の秘伝書 Googleがなかったら、たぶん今のようには仕事はできないだろう。何か調べたいとき、Google使えばなんとかなる。困った時にはググればいい。何かヒントがほしけりゃググればいい。 Googleを使い倒せば、怖いもんなしだ。日本では検索エンジンとしてはYahoo!の方がシェアが高いというが、みんな、もっとググろう。インターネットが頭脳の延長として力を発揮するのは、Yahoo!を使った時よりも、Googleを使った時の方だ。

 そんなことを普段から実感していたが、「とっておきの秘技 Google検索の秘伝書」を読んで、確信に変わった。帯のコピー「あなたはGoogle機能の10%しか使っていない」。そうだったのか(素直な性格)。今まででも、ググ様のおかげで頭脳が2倍ぐらいに拡張されたような気がしていたのだが、そうか、100%使えば、えーっと、200倍ぐらいになるのか!

 いや、誇張が多い文章だ。でも、本当に目からうろこどころか、目玉そのものが落ちそうなTipsがこの本には詰まっている。そして、Googleは常に進歩している。この本の書かれた時点では始まっていなかった、地図検索システムは日本でもサービス開始している。

 全部紹介したいところだが、これからの時期に役立つ使い方を一つだけ。「住所から郵便番号を調べる」には、検索窓に「郵便番号 (住所) site:goo.ne.jp」と入れて検索すればいい。gooのサービスを使うのだが、いちいちgooのサイトに行く必要はない。いちばん上に出た検索結果をクリックすればOK。

最近のトラックバック



Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。